夫婦喧嘩を未然に防ぐ会話のコツ

問題のない夫婦や家族
なんてありません。

皆さんはどんな問題と今、
戦っているのでしょうか・・・

さて、夫婦のことや子供のことで
心配事や問題が発生した時、

それについて徹底的に話し合うことを
ためらう人が多いようです。

問題をこれ以上大きくしたくない
という思いが強いからかもしれません。

時間がたてば解決されると
思っているのかもしれません。

この考えは男性に多い
かもしれません。

でも、問題は放っておいて
自然に解決するものと
そうでないものがありますよね。

自然に時間と共に解決されるような、
小さな問題は、お互いに許し合うことによって
解決できるかもしれません。

しかし大きな問題は、放置しておくのは
懸命ではありません。

私も寝て忘れられる
前向きタイプな考え方ですが、

妻はそうゆうタイプでは
ありませんので・・・

難しいなーと感じることが
多々ありました。

次の日も次の日も、
問題について考えているんですね。

しかも、私のその時の反応まで
よく覚えています。(笑)

経験で学んだ教訓は、

夫婦はささいなことでも
よく話し合うことです。

何を言うかより「どのように言うか」に注意しよう

問題が発生した時、

その問題を上手に解決できるかは

「どのように言うか」にかかっています。

例えば、相手が100%悪いとして、
あなたは相手に どんな言葉を
かけるでしょうか?

「なんでおまえはいつもそうなんだ!」
「だから言っただろ! 」

と相手を責める言葉を
かけるでしょうか?

それとも、問題を起こした本人を
慰める言葉を かけるでしょうか。

相手を逆なでする言葉をかけますか?
それとも、なだめる言葉でしょうか?

あなたが発する言葉で、
問題の火を消すこともできれば
山火事のように問題を大きく
することにもなります。

お互いに言葉の用い方を
気をつけましょう。

コメント


認証コード9595

コメントは管理者の承認後に表示されます。