火に油を注ぐの今すぐやめて下さい!

夫婦喧嘩はすさまじいですね

仕事場でどれだけ腹がたっても
我慢できるのに・・・

なぜか夫婦になると遠慮がなくなります。

お互いに傷つける言葉をマシンガンのように
発射して、お互いに負傷してしまいます。

物が飛んでくるとか、妻に叩かれる蹴られる方が
回復が速いかもしれませんね。

でも、言葉の暴力は後からきます。
ガンみたいな感じでしょうか。

少しづつ少しづつ、心を侵食してゆき、
最終的には愛や信頼が消えてしまうことが
あるからです。

夫婦喧嘩が勃発して、自分の口を制御できないと
感じるなら、その場をとりあえず去るほうが
賢明かもしれません。

でも、もし口論になりそうなら、
次のことを思い出してください。

相手の行動や言動に噛み付くのを
やめましょう。

むしろ、自分の今の気持ちや感情を
相手に伝えることを目的にして
夫婦で話しあうことです。

たいてい口論が始まると、

相手の言動や行動を厳しく悪態をつきながら
指摘しあっているのではないでしょうか。

どちらかが負けるか、意識的に終わらせない限り
お互いの弱さをナイフでグサグサと
刺しているようなものです。

そんな時は、言われた言動やされた行動に、
自分がどう感じたか、どう思ったかを
伝えてみてください。

もちろん、怒りながらではなく、
冷静にです。

例えば、

「もっとましなことが言えないの」
「あなたに傷つけられた」

というように、相手の言動や行動について
言うよりも、

「あなたの言葉にすごく傷ついた」

というほうが口論を沈下するのに
とても効果的です。

自分の感情を相手に伝える時は
侮辱的に軽蔑的な気持ちではなく

自分の素直な気持ちを伝えるように
してみてください。

きっと、冷静に話し合うきっかけを
作ることができるはずですよ。

コメント


認証コード3528

コメントは管理者の承認後に表示されます。