睡眠不足の夫婦は結婚生活がうまくいかない

夫婦喧嘩を少なくすること!
これは夫婦の危機を乗り越える上で
もっとも重要です。

どうすれば夫婦喧嘩を
解消できるのでしょか?

今日はたくさんあるうちの1つに注目
してみたいと思います。

夫婦仲がうまくいかず、いつも喧嘩ばかり
しているという夫婦に共通している
問題があります。

それは「睡眠不足」です。

睡眠不足の夫

いつも仕事で帰宅が遅く
クタクタに疲れて帰ってきます。

でも帰宅すれば、遅くまでテレビを見たり
インターネットをすることで

就寝はいつも遅いという方も
多いのではありませんか?

そのため、溜まった疲れが原因で
週末は1日中寝ているといった
男性が増えています。

睡眠不足の妻

妻の側であれば、毎日忙しく
家事を行い、

子育てに追われ、合間にパートの
仕事をする方も多いようです。

それだけ疲れているにも関わらず
睡眠薬でも飲まないと、

よく眠れないなんていう方も
少なくありません。

この睡眠不足がもたらす悪影響は、
夫婦のすれ違いを生み出し、

離婚への階段を1段ずつ
登っていくことになるのです。
 

あなたは毎日何時間寝ていますか?

「寝なくても平気」と本気で
思っていますか?

睡眠が少ないと、体にどんな影響が
あるのかを知れば・・・

睡眠の価値を知ることが
できると思います。

シカゴ大学でおこなった研究は
とてもおもしろい結果になりました。

その研究とは
11人の健康な若い男性を6日間、
1日4時間しか眠らせませんせした。

6日後の彼らの体にはどんな変化が
あったのでしょうか・・・

なんと若者たちの細胞の機能が

60歳の人のようになっていたのです。

約一週間でおじいちゃにのように
体内が老けてしまったのです。

しかも糖尿病患者に匹敵するほどの
インシュリン濃度が検出され

さらには免疫をつかさどる白血球や
コルチゾールというホルモンの生産も
影響を受けるようです。

このコルチゾールという物質の値が
高くなるとストレスやうつ病
原因となります。

しかも、睡眠不足の影響は
体の中だけではないんです。

睡眠をとらないと「脳」
大きな影響を与えるのです。

脳への睡眠不足の影響

  • 注意力、集中力を欠く
  • 記憶力が弱まる
  • 思考過程が鈍くなる
  • 方向感覚に支障がでる

こうした悪影響を考えると睡眠は
人間にとって必要不可欠なのです。

脳の一日の疲れは睡眠によって
取るのですから。

男性も女性も夫婦双方が、
しっかりと睡眠をとっていないなら
どんな問題が発生するのでしょうか。

夫婦関係に及ぼす睡眠不足の影響

夫は妻の話に真剣に耳を傾けて話を聞く、
集中力に欠けるかもしれません。

夫婦の大事な約束や記念日を
すっかり忘れてしまって

大喧嘩なんてことも
あるかもしれませんね。

いつもイライラして夫婦喧嘩が絶えないのなら
しっかりと睡眠がとれているか見直してみて
ください。

睡眠はストレスを解消する最も
効果的な方法だからです。

睡眠がちゃんと取れている人は
ちょっとしたことで腹が立つことが
格段に減ることでしょう。

最近、セックスレスという夫婦なら
この睡眠不足の習慣を見直すことを
おすすめします。

なんといっても、たったの1週間の
睡眠不足で若い男性の体が60代の
おじいちゃんになるわけですから
セックスレスになっても不思議では
ありません。

早寝早起き。

規則正しい生活で
夫婦円満になりましょう。

「睡眠不足」を侮るなかれ。

コメント


認証コード5709

コメントは管理者の承認後に表示されます。