夫婦の時間が少ないと結婚生活が危険

結婚生活がうまくいかない夫婦に
共通している問題ってなんだと
思いますか?

それは「時間」の問題です。

そうです、夫婦で過ごす時間が
驚くほど少ないのです。

結婚した当時と比べてみてください。

「明らかに少なくなっています」と
言うのなら、非常に危険だと
あえて言っておきましょう。

私たちはお互いを束縛するのは嫌だと
言う人もいますが、

そうした考えは、少しずつ夫婦の絆
弱める危険性があります。

夫婦の絆と夫婦で過ごす時間は
とても密接な関係にあるのです。

確かに独身時代と比べて、家族として
生活していくことは大変なことです。

男性はもちろん、今では女性も
働かなくてはならなないかもしれません。

共働きで毎日が大忙しです。

残業も当たり前です。

そして、家に帰れば
食事、洗濯、掃除、
子供の世話など

多忙な毎日でヘトヘトだと
思います。

そのため、

以前よりも、多くのストレスや
忙しさに圧倒されることがあります。

「こんなに忙しかったら、夫婦の時間を
作るなんて不可能だ!」
と思うかもしれません。

でも、時間がないのを言い訳にして
いいのでしょうか?

結婚生活がうまくいっている夫婦は
時間にゆとりがあるのでしょうか・・・

時間は平等に与えられている

世界に目を向けると、

自分よりもっともっと忙しい夫婦が
いるのではありませんか?

毎日、飢えと戦い、今日食べる物を
手に入れるため、必死に1日中寝る間を
惜しんで、働いている人もいます。

忘れてはいけないのは

すべての人間に与えられている時間は
平等だということです。

結婚生活がうまくいっている人も
夫婦の時間がないために、結婚生活が
今にも壊れそうな夫婦も、

1日24時間、
1年365日で
8760時間

これが人間が持っている平等な時間だという
現実を忘れてはいけません。

「毎日、忙しくて夫婦の時間がとれない」
というのは、

厳しいように聞こえますが
言い訳でしかないのです。

もちろん時間にゆとりがあるほうが
良いに決まってます。

でも、現実的にそんな状態を今すぐに
作れないとするなら、

何をすべきでしょうか?

この点に注目してください。

限られた夫婦時間の上手な使い方

結婚生活がうまくいく夫婦と
そうでない夫婦の違いに注目してください。

それは「優先順位」の違いです。

きっと、あなたも

したいこと。
しなければならないこと。

それらが山積になっていると
思います。

でも、何よりも今
大切にすべきなのは

「夫婦の時間」です。

忙しい生活の中で、自然に夫婦の時間が
できるのを期待すべきではありません。

今の時点で、「時間がない」と
思うのなら確実です。

必要なのは、時間を作ることです。

優先順位を定めて、
時間を取り分けるのです。

ある古い格言に、

「時間を買い取るように」と
書かれていました。

そのとおりです。

時間はお金と言う貴重なものを
犠牲にして得ることができるのです。

なんの苦労もせず、自然に得られるのを
期待すべきではないのです。

お金に相当する、今のあなたにとって
犠牲にすべき貴重なこととは何ですか?

趣味かもしれません。
友人との交友かもしれません。

もちろん、すべては大切なものですが・・・

夫婦の時間を買い取るために、
それらを時には犠牲にする必要が
あるのです。

優先順位をしっかりと定めてください

ある人は、いつも楽しみにしていたテレビを
見る時間を夫婦の時間に当てる人もいます。

間違ってはいけないのは、夫婦でテレビを
一緒に見るのは、夫婦の時間とはいえません。

あるいは、寝る前に今日一日の出来事について
話し合う時間を作っている夫婦もいます。

もちろん、毎朝30分でもいいので
少し早起きして夫婦で朝食をとりながら、
夫婦の時間をとるのも良いでしょう。

いつもは朝起きて、会話も交わさず
バタバタと用意して出かけているのなら
なおさらです。

夫婦の間に亀裂がはしっていると
感じるなら、すぐに実行してください。

夫婦の時間を作る努力は、夫婦関係を修復を
望まれるあなたにとっても最も重要な課題だと
いうことを忘れないでください。

コメント


認証コード5757

コメントは管理者の承認後に表示されます。