妻が怒る理由を夫は理解していますか?

今日は夫のみなさんに向けての
メッセージになります。

もちろん、妻の側のあなたも、
自分には関係ないと思わず
読んでほしいと思います。

きっと夫の心境を覗くことが
できると思います。

夫が妻を失望させた時の
妻の反応を想像できるでしょうか?

結婚記念日を忘ていた夫が、
一輪の花さへ持たず、
仕事から帰宅したとするなら

妻はどう反応するでしょうか?

「どうしてあなたはいつも・・・」と夫を
責め立てるケースが多いかもしれません。

でも、自分を失望させた理由を
問い正せば正すほど、

夫婦関係は悪循環に陥ることを
理解されたことでしょう。

自問してみましょう

「彼はわざと私を怒らせようとして
失敗したのだろうか?」

妻のみなさんはそう自問して
みましょう。

ぜひ、妻の最初の反応で、
夫婦関係を崩壊させる悪循環を
断ち切って欲しいと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、
今度は夫の番です。

夫のみなさん

あなたのちょっとしたミスについて
あなたを厳しく責め立てるとします。

あなたならどうしますか?

最初は自分のミスなので、
ジッと我慢して妻の小言に
耳を傾けているかもしれません。

でも、妻のテンションもさらに上がり
責め立てる言葉や批判がどんどんと
エスカレートしてくるかもしれません。

我慢の限界に近づきます。

「そこまで言うか!」

そう心の中でつぶやくかも
しれません。

そして我慢の限界が来た時、

「おまえこそ・・・」
「そういう君だって・・・」

こんな言葉が口から溢れ出る
でしょうか?

もしそうなれば、

夫婦仲を悪くする悪循環は誰も止める人が
いないということになってしまうのです。

そうならないためにも、夫のあなたには
こう自問して欲しいと思います。

「彼女が私の失敗を批判し、厳しくとがめる
理由はなんだろうか」

そう自分に自問してみましょう。

答えはシンプルです。

もっと愛されたいんです。

愛されていることを実感したいんです。

そのために、妻は夫を厳しく責め、批判し
あなたを善意の気持ちで変化させようと
一生懸命なのです。

夫は自分を正当化しない

妻が自分に失望し、怒りを自分に
ぶつけてくる時、自分が何をしたのかを
思い出してみましょう。

あなたの言動は愛と思いやりのあるもの
だったのかどうか考えてみてください。

妻があなたから愛されていないと感じさせた
ことが原因だということに気づきましたか?

あなたのことを批判し、厳しくとがめて
気分が爽快になる妻などいるわけがありません。

あなたに、これでもかというぐらい
厳しく責めているということは、

それぐらい強い気持ちで、あなたに
愛されたい、理解されたい、大切にされたい
と思っているということです。

それが分れば、

あなたがこの状況でどう対処すれば
良いのかは明白ですね。

あなたの大きな器で
受け止めてあげましょう。

妻の切実な気持ちを正面から
受け止めてあげましょう。

仕返しをして相手を傷つけるのではなく
優しい言葉で相手を覆ってあげましょう。

あなたなら必ず、夫婦関係を崩壊に導く
悪循環を断ち切ることができるはずです。

コメント


認証コード9522

コメントは管理者の承認後に表示されます。