夫婦のコミュニケーションがうまくいく方法とは

ユダヤの格言にこんな言葉があったので
紹介しようと思います。

「人には口が一つなのに、耳は二つあるのは
なぜだろうか。それは自分が話す倍だけ
他人の話を聞かなければならないからだ」

いかがですか?

人の話を聞くというのは
難しいことです。

女性は自分のことを話したいという
気持ちが強いため、夫のの話を聞くより
自分が話すことの方が多いかもしれません。

逆に男性は、

妻の優柔不断な話を聞いていると
イライラしてきて、

すぐに問題の解決策を提示しようと
してしまいます。

ただ、話を聞いてあげるということが
苦手なのです。

でも、夫婦関係がうまくいっている夫婦は
大抵、コミュニケーションが上手に取れている
ものです。

会話の中で、相手の話聞くことを
常に意識しています。

「聴く」これが夫婦のコミュケーションのコツ

なぜ「聴く」ことが夫婦の会話の中で
重要なのでしょうか?

聞いて初めて分かることが
あるからです。

それは相手の気持ち、感情の変化です。

  • 相手がどんなことを心配しているのか?
  • どんな悩みを持っているのか?
  • 怒っているのか?
  • 悲しんでいるのか?
  • 寂しいのか?

こうした感情は表面的な話では
十分につかみ取れないのです。

自分の二つの耳に神経を集中させて
相手の感情をくみとるように聞く必要が
あるわけです。

その場合、自分の口を上手に
活用できます。

どのようにでしょうか?

差し水のような役割として
活用できます。

相手の気持ちを引き出すような質問を投げかけましょう。

例えば、

「それで、あなたはどう思ったの?」

と聞いて見ましょう。

この質問で、相手の気持ち
知ることができます。

それと、自分の口を用いて

「あいづち」を打つことも
良い方法です。

相手が話をちゃんと聞いてくれていると
感じると、もっと話したいと思うものです。

こうして相手の気持ちや感情を知ることが
できたなら、相手の必要をかえりみることも
容易になりますし、

なによりも、お互いの感情の
つながりを実感できます。

この感情のつながりこそ
夫婦関係に必要なことなのです。

では、ここで今一度、
自分の口と耳の数を
確認しましょう。

耳が一つで、口が二つの人は
いませんか?

まず今日から1週間、
夫婦で会話をする時には、聞くことに
フォーカスしてみましょう。

コメント


認証コード8222

コメントは管理者の承認後に表示されます。