ケチな夫婦は離婚するってホント?

今日は、とてもおもしろい名言があったので
紹介しようと思います。

オーストリアの精神分析学者のフロイト
という人が語った言葉です。

彼はこう言っています。

「愛情をケチってはいけない」

これは非常に奥の深い言葉だと私は
思うのですが・・・

あなたはいかがですか?

愛情をケチっている自分に
気づくことがありますか?

恋愛期間中は相手を愛する気持ちは
無限で見返りを期待することなく
愛情を出し続けるものです。

でも結婚すると、多くの夫婦は
なぜか愛情をケチるようになるようです。

「なぜ私ばっかり・・・」
「あなたがするなら、私もしてあげる」

こんな感覚を持ち始めるのです。

夫婦関係を修復したければ・・・

夫婦関係を修復したい、
もっと幸せになりたいと
願っているにも関わらず

自分が動くことを嫌がる人は
少なくないのです。

「夫が私をもっと愛してくれれば
私だって夫を愛せるわ」と考える
ようです。

逆に夫も

「妻がもっと自分のことを評価し
感謝や褒め言葉をかけてくれるなら
妻のことを愛せるし、感謝だって
素直に言えるんだけど・・・」

そう考えているのです。

夫婦で幸せになりたければ、損得感情を捨てよ!

結局、問題は誰が先に始めるか
ということです。

でもお互いに相手が先にすることを
期待していれば、何も始まらないという
ことです。

「愛情はケチってはいけません」

愛情を示すことは損得で計るべきものでは
ありません。

  • 感謝を伝えること
  • 素直に謝ること
  • 愛してると伝えること
  • 相手を高く評価すること
  • 褒めること
  • 何かを手伝うこと

こうしたことすべてにおいて
「やり過ぎ」はありません。

自分と相手を比べて
「多い少ない」を
考えてはいけません。

夫婦関係を修復したければ、
夫婦円満になりたければ

「愛情はケチってはいけない」という
フロイトの言葉を思いにとめておきましょう。

コメント


認証コード8781

コメントは管理者の承認後に表示されます。