3秒でできる夫婦喧嘩の解消方法

質問が人生を決めると
私は本気で信じています。

人生がうまくいかないと
感じる時、夫婦喧嘩をしたり
何か問題にぶつかる時、

「どうしてこうなるんだろうか?」

無意識に自分に質問を
浴びせています。

「なぜ?」
「どうして?」

うまくいかない自分に

この種の質問を投げかけると、
だいたい答えは決まってきます。

  • 「だって・・・」
  • 「しょうがない・・・」
  • 「自分は頑張っているのに・・・」

こんな感じでしょうか。

うまくいなかい原因を自分以外のものに
すり替えようとしてしまいます。

言い訳してしまうんですね。

例えば、

おきまりの夫婦喧嘩が始まると

「なぜ!こうなるんだろうか?」

そう考えてしまいます。

頭の中に浮かび上がる答えは
ほとんどマイナスな答えばかりです。

「自分たちは相性が悪いのだ」
「結婚した相手が間違っていた」

こうした結論を導きがちです。

ではどうすれば良いのか?

夫婦仲を改善したければ質問を変えよ

それは質問の仕方を少し
変えてしまうこうとです。

「なぜ?」
「どうして?」

ではなくて。

「どうすれば・・・?」と質問することです。

「どうすれば夫婦喧嘩を

なくせるだろうか?」

「どうすればすぐにカッとならずに

冷静に話し合えるだろうか?」

「どうすれば夫婦喧嘩の種を

減らせるだろうか?」

「そのために今すぐにできることは

なんだろうか?」

こんな風に質問を意識的に
変化させてみてください。

脳のがもつ計り知れない力

人間の脳はおもしろいもので
質問するとその答えを探し、

その答えに基づいて動くよう
脳からでる科学的な信号により
指令が出るんです。

だから、

離婚してしまう夫婦は大抵、
「どうしてこうなるんだろうか?」
と自分に問いかけ、

その答えが「相性が悪い」となり、
原因の解決方法は「離婚しかない」
と答えなを出せば、その指令が
脳より伝達されます。

その結果、離婚は本心ではないとしても
自分の言動は常に離婚を意識したものに
なってしまうようです。

なので、

逆に「どうすれば・・・」
という質問を使って

自分の願う状態になれるかを
自問してみると

脳がその答えを探し、
その答えに導くための
指令を体に伝達します。

「夫婦喧嘩をなくすためには
どうすれば良いか?」と質問すれば

「すぐにカッとなる前に深呼吸する」
という答えが出たとすると、

実際にその場面に直面した時に
そのことを思い出すことでしょう。

それによって夫婦喧嘩が
いつものようにヒートアップ
してしまうのを避けることが
できるはずです。

こうした積み重ね夫婦関係は
変わるのです。

あなたは自分にどんな「質問」を
していますか?

質問は人生を変えます。

まずは今日から意識して
みましょう。

    コメント


    認証コード3409

    コメントは管理者の承認後に表示されます。