捨てられる夫と愛される夫の違いとは

「あなたとはもう一緒にやっていけない」
そう言って離婚話を切り出される夫と

毎日ラブラブで笑顔の絶えない
結婚生活を送れる夫婦の違いとは
なんだろうか?

実はある研究結果がその原因を
突き止めました。

これは夫婦関係を修復する最も
効果的方法でもあるので、
夫の皆さんは注意して聞いてください。

夫婦関係に関する調査内容

それは、ロンドンのスクール・オブ・エコノミクスが
行ったもので、3450組の夫婦を追跡調査したようです。

具体的な調査内容は、1970年に子供ができた夫婦を
彼らの子供が5歳,10歳、16歳と経過するたびに
面談をおこないながら、夫婦関係を調査したのです。

その結果、半分以上がある事を全く手伝おうと
してないことが分かりました。

この調査結果で明らかになったこと

子持ちでなおかつ共働きの夫婦で

夫が家事を手伝わないと、

離婚率が倍になることが判明しています。

さらなる分析では、

妻が仕事を始めると、なんと離婚率が
倍になるという調査結果があります。

できるなら妻を働かせない方が
夫婦には良いということです。

もちろん、息抜きに外で
働きたいという程度であれば
問題はないのでしょうが、

家事と仕事で妻が疲弊するのは
夫婦の危機に関わる問題になりかねない
ということを覚えておきましょう。

そのためにも夫の家事への
協力姿勢は欠かせません。

夫が進んで買い物や掃除
洗濯などを手伝うなら、

家庭の平和は保たれ、
離婚の危険性も最小限に
抑えられるということです。

こうした解決策の背景には
夫婦の共働きで妻の負担が
大きいことや、

妻が社会から孤立して子育てを
しなければならないような環境が
ストレスとなっているのかもしれません。

いずれにしても、妻の負担を
軽減するために、

家事を率先して夫が手伝うなら
夫婦は円満に保たれるのです。

さて、夫の皆さん
あなたは今日から何か手伝える
ことがありますか?

コメント


認証コード2076

コメントは管理者の承認後に表示されます。