「協力」こそ夫婦円満の秘訣

妻は夫にどんなことを期待しているのか」
夫のみなさんはご存知でしょうか?

それは「協力」の二文字です。

多くの男性は夫にとっての「協力」とは
家族を養うために働くことであると考えています。

でも妻が夫に求める協力とは
お金を稼いてくることではありません。

家事や子育てなどへの積極的なサポート
期待しているのです。

それは男がやる仕事ではないと
意地を張っているのなら

今後、夫婦関係を改善することは
難しくなるでしょう。

なんでも「妻まかせ」の夫

子供のことで夫に相談すれば、
「お前にまかせるよ」と一言。

こんな言葉に妻は毎日、
ガッカリさせられています。

妻は夫にもっと親身に子供のことや
家庭のことを考えて欲しいと願っています。

でもなぜ夫は家庭を妻まかせに
するんでしょうか?

夫の性格が原因なのでしょうか?

おそらくは育った環境と夫を取り巻く環境が
原因ではないかと思われます。

夫の実家にいけばその答えが
見つかるかもしれません。

団塊世代の親であれば、夫が積極的に家事を手伝い
子育てに協力的な方は少ないことでしょう。

お父さんはノンビリ新聞を読んでいる中で
お母さんはいつもせっせと働いています。

これは一般の家庭でよく見る
映像ではないでしょうか。

仕事に命をかけてきた団塊の世代では
「男は仕事、女は家庭」という言葉が
まかり通ってきたのです。

そんな親を毎日に見ながら育ってきた子供が
大きくなって結婚するとどんな夫になるでしょか?

夫の言動はその親に多くの場合似ると
言われています。

しかも仕事にいけば、周りの人間は
同じような考え方で凝り固まった人たちばかりです。

新婚時代はもっと妻に協力的な良い夫になろう。
理想の父親になろうと思っていたかもしれません。

しかし毎日仕事に忙しくしていると
いつの間にその気持も薄れてしまい、

家のことを妻に任せる機会が増えると
いつの間にか家のことは妻がすべき仕事
勘違いしてしまっているのかもしれません。

夫のみなさん!

忘れてはいけないのは、お金を稼ぐことは
男の仕事の一部に過ぎないことです。

それさへすれば良いわけでは
ないのです。

男の夫としての仕事とは
家庭を守ることです。

経済的に家庭を守ることに大切ですが、
精神的な面でも妻や子供のことを
守らなければならないことを忘れてはいけません。

男にとって仕事とはお金を稼ぐことだけはなく
家族を組織することこそ最も大きな仕事だと
考えるべきなのです。

これは洗濯をしろとか、夕飯を作れと
言っているわけではありません。

妻や子供の感情を理解し、
その必要を実際的な方法で
顧みることなのです。

妻の体調が悪ければ、

早めに帰宅して夕飯を作ってあげたいと
思われるかもしれません。

子供が将来の進路で悩んでいるなら
喜んで耳を傾けたいと思われないでしょうか。

決して妻にすべてを任せきりに
すべきことではないはずです。

妻とよく協力する

これこそが、妻が夫に求めていることであり、
夫婦円満の秘訣といえるでしょう。

コメント


認証コード1674

コメントは管理者の承認後に表示されます。