妻を困らせる夫の4つの特徴

妻を困らせる夫の4つの特徴

結婚生活が上手くいかない夫婦にはどんな問題があるのでしょうか。

夫婦双方に改善すべき点はあると思われますが、今日は夫の問題点に注目したいと思います。

妻をイライラさせ困らせる夫のパターンの4つのタイプを紹介したいと思います。

自分がこのうちの1つにでも当てはまると思うのなら、

少しばかり軌道修正してみられることを
おすすめします。

きっと結婚生活は今まで以上に良い状態へと
改善し、幸せを実感できると思います。

①仕事没頭夫

仕事さへしていれば

妻とはイーブン以上だと
考えている勘違い夫のことです。

そのため家のことはすべて

妻まかせにしている

場合が多いようです。

子供のことも
妻にまかせきりで、

妻の相談にもろくに耳を傾けもせず、

テレビを見ながら

「お前にまかせるよ!」

こんなことを言っていては
夫婦関係は最悪です。

夫の仕事は

お金を稼ぐこと意外にも
たくさんあることを
忘れてはいけません。

家族の幸せを願って
外で一生懸命に
働いているのであれば、

家族のためにに

親子関係や夫婦関係を守ることも大切な仕事

だということを肝に銘じてほしいと思います。

②お子様夫

脱ぎっぱなし出しっぱなしで
家のことを手伝う気もありません。

まるで子供です。

夫に

「脱いだ物くらい洗濯カゴにちゃんといれてよ」
と言えば、

「うるさい」の一言で
逆ギレすることもあるようです。

またとても自己中心的で、
自分のことしか考えず、

体調の悪そうな妻を前にして、
「ごはんは?」と
KYな発言をすることもしばしばです。

夫の皆さん、自分の物くらい自分で
片付けましょう。

妻は夫の家政婦でも
小間使いでもありません。

お子様夫になってしまった原因は

多くの場合、幼少時期の環境が
関係しているようです。

親から十分な愛情を
受けてこなかったせいで

常に自分が最優先でありたい
と思うようです。

また欲しいものは
何でも買い与えられたり

テレビやゲームを無制限に
見放題であった場合

子供は協力したり、

誰かの為に喜んで
自分を犠牲にする精神が

欠落している場合もあるようです。

その場合、

たいてい妻がいつのまにか
母親になっていることが多いようです。

自分の妻は母親ではなく大切なパートナー
であることを忘れてはいけません。

③干渉夫

妻のすることなすことに
細かく口出しする夫のことをいいます。

買うものや門限まできめる夫も
いるようです。

一見常に妻に気をかけ、
心配しているように
思われるかもしれませんが、

決して必要以上な干渉は愛情豊かを
意味してはいません。

妻に基本的な自由を与えることは

妻を信じていることの表れであり
愛の形ではないでしょうか。

④外面夫

家では理想の夫とは
かけ離れているのに

周りのみんなは理想の夫と
もてはやされているケースがあります。

こうした要因には、

家族のためには動いてくれないのに
親族や友人のためになら

積極的に動くという
ギャップがあるようです。

ときには家庭を犠牲にしてでも
他人のために一肌脱ごうとすることも
多いようです。

もちろん誰かを助けようとする優しさを
家族は誇りに思っているのですが、

その優しさを

同じく妻や子供にも与えて欲しいと
願っているのです。

恐らく周りの評価を気にしすぎる人に多い
長男タイプの傾向かもしれません。

幸せな結婚生活を送りたければ
家庭を壊したくないのなら

何よりも誰よりも

自分の家族を優先することを
肝に銘じておきましょう。

コメント


認証コード9216

コメントは管理者の承認後に表示されます。